遅咲きの桜も名残惜しく終わりを告げ、阿蘇の夏がはじまります。
そして、これからは阿蘇の魅力がさらに開花!
山の神に立ち入ることを許され、阿蘇ならではの美しい花々が歓迎してくれます。
今回は、そんな初夏の阿蘇をご紹介します。



南小国町

ホタルツアー 6月~7月

黒川温泉宿泊者限定!幻想的なホタルの光にうっとり

メイン写真

清流にしか棲息しないというホタルを鑑賞することができる南小国。黒川温泉では宿泊者に楽しんで欲しいと温泉組合の粋な計らいで毎年限定でツアーが組まれます。しかも現れそうなポイントをその日の状況で選んでくれるそうです。その年の気候や環境によって開催のタイミングはまちまちとのこと。ホタルと温泉、両方楽しみたいという欲張りさんは旅館やインフォメーションセンターへお問合せください。

メイン写真

鮮やかな緑が黒川温泉を包みます。ホタルが棲む楽園ですね。

  • 黒川温泉観光旅館協同組合 インフォメーションセンター
  • TEL:0967-44-0076

予告

6月26日(ふろの日)は黒川温泉のが無料開放!

メイン写真

日頃のご愛顧に感謝して6月26日“26→ふろ”にちなんで各旅館の露天風呂が無料開放に!当日は巡回送迎車も走り、何軒入れるか?あなたの限界への協力体制もバッチリできています。もちろんお気に入りの1ヵ所にとどまって、自然の美しさや小鳥のさえずりに耳を傾けながらゆっくりお湯を堪能でも良いですね♪詳しくはインフォメーションセンターへ。当日は温泉街に案内人もいます!

メイン写真

ご当地温泉卓球全国大会も7月9日に開催予定。参加者募集中です!

  • 黒川温泉観光旅館協同組合 インフォメーションセンター
  • TEL:0967-44-0076

▲ページのTOPへ戻る


小国町

涌蓋山 山開き 5/28(日)

いま注目の“わいた温泉郷”のいわれ、わいた山も夏の訪れ

メイン写真

気候も季節も山登りにうってつけの季節がやってきました。わいた山は熊本県と大分県の県境の山で、熊本は小国エリアに位置し、通称小国富士とも呼ばれ、その一帯は秘湯わいた温泉郷として注目されています。山開き当日は、山の神さまに安全のご祈願がなされます。結構な勾配があり、心地よい汗を山の涼やかな風が癒してくれるでしょう。登頂の瞬間の感動は幾ばかりか。下山後には、温泉も楽しみたい!!

メイン写真

最近のトレッキングブームで女性にも大人気の山です。

杖立温泉

5/27(金)・28(土)杖立伝承芝居観劇会 町の有志が役者に!

メイン写真

今年で51回目を数える杖立温泉観劇会は地元の男性有志による昔ながらの町に伝わる時代劇。役者は、旅館や食堂、薬局のご主人に役場の職員など町のいろいろな人びとが演じます。まさに山あいの民芸ですね。言い回しも俗にいう“肥後にわか”のような熊本弁バリバリではなく、時代劇言葉。県内外、子どもから大人まで楽しんでいただけます。杖立温泉の旅館は通常営業、観劇会目当てに宿泊もおすすめです!!

メイン写真

観劇会は19時より。夜の温泉街はまた風情があります。

▲ページのTOPへ戻る


産山村

ヒゴタイ

見ごろ 8~9月

メイン写真

清涼なる地に咲き誇る幻の花『ヒゴタイ』

ヒゴタイは絶滅が心配される幻の花。かつては西日本に広く分布していましたが、今ではかなり生息地が限られます。そのヒゴタイを産山村で見ることができます。見ごろは8月~9月で約5万本が一斉に咲き誇ります。8月には、ヒゴタイ祭も開催され、村のシンボル、誇りとして愛されています。標高が高く涼しい気候で、避暑にもおすすめです。

メイン写真

ヒゴタイをモチーフにしたゆるキャラ「うぶちゃん」お祭りにも登場します!

ヒゴタイ公園キャンプ村

産山村で楽しむ涼やかな“山の暮らし”体験

▼拡大

メイン写真

そのヒゴタイを見ることができる「ヒゴタイ公園」では、オフシーズンでも大小いろいろなワークショップやイベントを楽しむことができます。5月の後半はピザ焼き、焚き火と音楽、バームクーヘンづくりと目白押し!詳しくは、facebookやブログでご確認ください。6月以降も楽しいコンテンツが企画中です!自然と戯れながら、まさに“山の暮らし”を体験!

メイン写真

キッズはもちろん、大人も楽しめる!!

▲ページのTOPへ戻る


阿蘇市

バラ

見ごろ いま

メイン写真

はな阿蘇美にて「バラ祭り」開催中!6月11日まで

阿蘇市にある複合観光施設“はな阿蘇美”には400種4,500株のバラが咲き誇るバラ園があります。今年は開花が心配されましたが、そのバラがいま見ごろを迎え、バラ祭りが開催されています。そこにいるだけでバラの芳香につつまれ、その姿に優雅な感動を覚えます。このバラ園の開園とともに物産館もオープン。見るだけでも楽しい物産館です。残念ながらあか牛レストランはまだ休業中ですがそれにも負けない楽しさがたくさん!

メイン写真

華麗なる一輪一輪に心が満たされます

  • はな阿蘇美
  • 阿蘇市小里781
  • 阿蘇市経済部まちづくり課 TEL:0967-22-3318

同時オープン

いちご園も復活!バラを愛でた後は、いちごを堪能!

メイン写真

はな阿蘇美には観光いちご園もあります。南阿蘇に拠点を置く木之内農園です。南阿蘇のいちご畑は再開までまだ時間が掛かりそうですが、はな阿蘇美のいちご園は元気に開園中です!入園料無料、採った分の計り売りだそうです。人気の生いちごソフトとジャムもこちらで販売中!一日も早い南阿蘇の再開を祈りながら、はな阿蘇美で“採ってかせする”“食べてかせする”“楽しんでかせする”ですね!

メイン写真

時間制限もないようです♪

  • はな阿蘇美内 木之内農園いちご園
  • 阿蘇市経済部まちづくり課 TEL:0967-22-3318

▲ページのTOPへ戻る


高森町

ヒメユリ

見ごろ 6~7月

メイン写真

朱色の花が鮮やか!高森町の町花『ヒメユリ』

名前の由来は小さくて可憐な姿から姫百合とされています。茎の先に濃いオレンジ色の花を上向きに開きます。絶滅危惧種で山間にまれに自生します。阿蘇地方には本当に珍しい草花がたくさんあります。これも阿蘇の恩恵。見ごろは6月~7月で、町の花として愛されており、同町にある阿蘇野草園で見ることができます。こちらも高森町のゆるキャラ「風まるくん」のモチーフになっています。

メイン写真

月廻り公園からの根子岳も美しい。

南阿蘇鉄道

復興特別列車“マンガよせがきトレイン”が走行中!

メイン写真

4月15日から「熊本の復興を応援しよう!」と集まった、小学館各誌で活躍する117名の漫画家・原作者の応援イラストを乗せた復興特別列車が高森駅~中松駅間を走っています。期間は今年11月30日まで。平日に1本 、 土・日・祝日に2本運行予定で、詳しいダイヤは南阿蘇鉄道ホームページを確認ください。あなたの思い入れの深いキャラクターを見つけては?南阿蘇鉄道の復興に“乗ってかせ”しよう!!

メイン写真

トロッコ列車も3月から運行中です。

▲ページのTOPへ戻る


南阿蘇村

オープンガーデン

5/20(土)~28(日)

▼拡大

メイン写真

南阿蘇に住むガーデナーたちの庭めぐり

今年で8回目を迎える「南阿蘇・庭・めぐり」は、南阿蘇に定住する花を愛する人たちの庭を覗かせていただくイベントです。お花がにぎやかなこの季節に開放して楽しんでいただきたいという願いが込めらています。オープンガーデン実施のお庭は全部で5ヶ所。個性溢れる素敵な庭で癒しのひとときを。開催中にガーデンコンサートや寄せ植えの講習会も予定されています。

メイン写真

「あそ望の郷くぎの」もガーデンを開放。お庭めぐりの休憩やお食事も楽しめます。

  • 南阿蘇・庭・めぐりの会事務局
  • 南阿蘇村久石3700
  • 担当:舛田 TEL:0967-67-2654
  • ※運営費充当のため、200円の協力金をお願いします。

山開き

5月28日(日)南阿蘇山開きトレッキングツアー2017 開催

メイン写真

南阿蘇村はトレッキングの名所としても注目されています。そこで今回、山開きとともにトレッキングツアーが開催されます。コースは免の石往復(約2時間半)、倶利伽羅周回(約4時間)、南外輪(約4時間)の全3コース。素晴らしい景色と生き物、そして草花の息吹を感じながら初夏の南阿蘇を五感で体感!参加申込みは5月21日まで。詳しくは、みなみあそむら観光協会のホームページをご覧ください。

メイン写真

在りし日の免の石。

▲ページのTOPへ戻る


西原村

ひまわり

見ごろ いまから

メイン写真

西原村に瓦礫がなくなるまで!村を花でいっぱいにしよう

西原村で村に瓦礫がなくなるまで、村に花を植え続けて村民を元気にしている団体があります。「ガレキと一輪の花プロジェクト」です。これからの季節はひまわりを植えて盛夏までにひまわりの迷路をつくります。昨年は、村の人たちや子供たちを元気にしました。ただいま、花植えのボランティアを募集中!畑だけではなく、仮設や沿道に植えて、みんなを笑顔にします!ぜひ、“気持ちでかせ”してください。

メイン写真

昨年のひまわりの迷路。子供たちに大人気でした!!

  • 西原村復興団体『Noroshi西原』
  • 阿蘇郡西原村宮山1731-7

フロランタン

昨年のひまわり迷路の種からフロランタンができました!

メイン写真

この一年、ひまわり迷路をはじめ、西原村にはたくさんの花が咲きました。そして、村のみなさんを笑顔にしてきました。今回、そのひまわりの種からお菓子が!この5月から販売も開始されます。購入はウェブショップ、電話、メール、今回お菓子作りに協力した西原村のSakata Sweetにて。収益は今年のひまわり迷路を含め、西原村の花植えに使われるとのこと。このお菓子を置かせていただける店舗も募集中です。

メイン写真

【太陽の便りseries】ひまわりフロランタン ¥ 300

▲ページのTOPへ戻る

 前のページへ戻る

▲ページのTOPへ戻る