﨑津集落をたずねて

﨑津集落をたずねて

今回は、世界文化遺産登録勧告を受けた「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つ、
「天草の﨑津集落」をたずねました。
厳しい弾圧に耐え忍んできた時代のひとびとのキリスト教信仰は、
生活の、土地の習慣として受け継がれ、いまも暮らしに根差しています。

﨑津集落

「天草の﨑津集落」の価値

「天草の﨑津集落」は、熊本県天草市河浦町に位置し、禁教期において、仏教や神道などの日本在来の宗教とキリスト教が共生しながら、漁村の生活や生業に根差した特有の信仰形態を育んだ集落です。

*

﨑津集落の潜伏キリシタンたちは、日本の豊漁の神様である大黒天や恵比寿神をキリスト教の神「デウス」として崇拝し、アワビやタイラギなどの貝殻内側の模様を聖母マリアに見立てたものや、白蝶貝で作ったメダイを信心具としていました。こうした特有の信仰形態などが、﨑津集落の有する資産価値となっています。

﨑津教会

信仰の復活を示す集落のシンボル

﨑津教会はゴシック様式の教会で、長崎の建築家 鉄川与助により1934年(昭和9年)吉田庄屋役宅跡に建てられました。これは、キリシタンが弾圧された絵踏みが行われていた場所に、復活の象徴となる教会を建てたいという当時のフランス人宣教師ハルブ神父の強い願いによるものでした。教会は神父の私財や信者の寄付金、労働奉仕により完成し、現在も信仰の復活を示す集落のシンボルとなっています。教会内部は日本では数少ない畳敷きで、祭壇は「絵踏み」が行われた場所に設置されたと言われています。

住所 天草市河浦町﨑津539
*
*

一年中飾られているしめ縄。これは、「キリシタンではありません」という目印だったそう。

*

のんびり寝ているネコ発見。﨑津での時間は、静かにゆっくりと進みます。

*

カケから望む﨑津教会。ここは、どこから見ても﨑津教会が見える。まさに“見守る”集落のシンボル。

見学のお願い

集落内の見学マナー

集落内では、生活が営まれています。住民のプライバシーを考え、マナーを守って散策してください。

~ 﨑津集落の散策ルール ~
  • ①道路は右側通行で、広がらずに歩いてください。
  • ②個人の敷地に入ったり、民家などのモノや道具に触れたりしないでください。
  • ③大きな声や音をたてず、静かに散策してください。
  • ④プライベートな場所の写真撮影はしないでください。
  • ⑤ゴミのポイ捨てや路上喫煙はしないでください。

また、教会は、信者の方々が祈りをささげる神聖な場所です。節度を持って、静かに拝観してください。

~ 﨑津教会の拝観マナー ~
  • ①教会敷地内への一般車両の進入は禁止されています。
  • ②教会内の写真撮影は禁止されています。
  • ③教会内は土足禁止です。
  • ④教会内にペットを同伴することはできません。
  • ⑤教会内の物品には、勝手に触れないでください。
  • ⑥教会内では携帯電話の電源を切るか、マナーモードにしてください。
  • ⑦ミサ・結婚式・お葬式など、儀式中の入館はご遠慮ください。
  • ⑧教会の鐘は、勝手に鳴らさないでください。
  • ⑨服装は祈りの場にふさわしいものを着用し、極端に肌の露出が多いものはさけてください。

教会見学の事前予約

見学を希望される際は、事前に受付窓口のホームページからご連絡をお願いします。

受付窓口 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター
ホームページはこちら(個人・団体問わず)

お問い合わせ

お問合せ先 﨑津集落ガイダンスセンター
TEL 0969-78-6000
ホームページはこちら

﨑津集落を巡る散策マップ

*

まち歩きMAPをもって﨑津集落散策

﨑津集落ガイダンスセンター

*

﨑津集落についてはコチラ!

﨑津集落を巡る前に訪れていただきたいのが、「﨑津集落ガイダンスセンター」。集落の散策ルール、教会拝観マナー、観光情報を案内してくれます。レンタサイクル(1日200円)もあります。また、6月16日(土)から土・日・祝日は定時観光ガイドのサービスが始まりました。(2018年9月末まで、お一人500円、①10:00~ ②14:00~)予約不要です。より深く、より快適に見学ができます!

住所 天草市河浦町﨑津1117-10
TEL 0969-78-6000
営業時間 9:00~17:30
休み 12/30・12/31・1/1
ホームページはこちら

旧網元宅(お休み処 よらんかな)

*

海上にせり出して作られた漁師の作業場“カケ”も

休憩所になっている旧網元宅。土地が狭い﨑津では珍しい、庭を持つ漁村の伝統的家屋です。当時の面影そのままの休憩所の中に入ると、繁栄していた時代の賑やかさが伝わるよう。玄関から庭に抜けた、海に面する場所には“カケ”という漁師の作業場が復元されています。カケからは、漁村集落の景観を眺めることができ、涼やかな海風を全身に感じながらベンチに腰掛けると何時間も居たくなる心地よさでした。

住所 天草市河浦町﨑津613
※平成30年8月頃~解体復元工事が行われます。(平成31年3月完成予定)

﨑津諏訪神社

*

﨑津諏訪神社は、豊漁・海上安全祈願のため、1647年に創建したと伝わっています。1685年銘の鳥居が現存しており、天草市内で最古の鳥居です。創建から今日まで存続している﨑津集落の鎮守として集落を見守ってきました。1805年潜伏キリシタンが発覚した「天草崩れ」の舞台となった神社で、キリシタン信者が信仰の枠を越えて参詣していた「共生」を示す場所でもあります。

住所 天草市河浦町﨑津505

﨑津資料館 みなと屋

*

トウヤ

*

海上マリア像

*

杉ようかん

*

﨑津おすすめshop

*

花つばき

お点前体験ができる抹茶カフェ

教会の正面の石畳を歩いていると、道に面した店の窓越しに「おいで。ちょっと休憩していかんね?」と声を掛けてくださったご主人。﨑津出身で最近、熊本市内から移り住んできたとのこと。中に入ると﨑津集落関連の美しい写真が。熊本市内で写真店をしていたと聞くと納得。冷やし抹茶をいただきながら、﨑津の素晴らしさや不便さを楽しく話してくださいました。

住所 天草市河浦町﨑津454
TEL 0969-79-0755
*
*

天草レインボーシェル

貝をつかったアクセサリーやオーナメントが可愛い

4月28日に﨑津集落内にオープンしたばかり。緋扇貝(ヒオウギガイ)や白蝶貝(シロチョウガイ)を使ったアクセサリーやストラップがたくさん!店内に吊り下げられたオーナメントが光に当たるとキラキラ。とても可愛いお部屋のアクセントになりそう。ご夫婦で営まれ、ご主人が制作し、奥さまと販売していらっしゃいます。こちらも教会の正面に繋がる石畳に面しています。

住所 天草市河浦町﨑津448-1
TEL 080-5608-6861
*
*

海月 -くらげ-

天草の地魚を絶品に!隠れたお寿司の名店発見

カジュアルな雰囲気、かつ、お手頃価格で地元の旬の魚を使った美味しいお寿司をいただける「海月」。(詳しくはネット検索してみてください!)美味しさへのこだわりが随所にあります!お昼ランチは、おまかせ握りで2,000円、3,000円、4,000円の超安心価格♬

住所 天草市河浦町﨑津457
TEL 0969-79-0051
営業時間 [ランチ]12:00~14:00(状況により開店時間変更有)
夜の部 ※要予約 お時間はご予約の際にお尋ねください。
休み 不定休
ホームページはこちら
*
*

郷土文化伝承館 南風屋 -はいや-

幻のようかんが復活!「杉ようかん」はココで作られている

こちらも﨑津教会正面の石畳沿いにある南風屋。杉ようかんは、うるち米を蒸してついた餅をのばしてあんを包む。表面に縁起のよいとされる紅色の線を引き、杉の葉で挟んで完成。ほのかに杉の香りがします。鮮やかな紅色は、ドラゴンフルーツ由来で安心。いまや﨑津集落の名物スウィーツとなり、早い時間に売切れることも。まず、ゲットして﨑津教会見学に向かうのがおすすめです。こちらで販売されていた南蛮柿(いちじく)餅 四郎の初恋も好き♡

住所 天草市河浦町﨑津454
TEL 0969-79-0858
*

﨑津までの立ち寄り&フォトジェニpoint

* *

三角西港

まずは三角西港で世界遺産を体感!

2015年に「明治日本の産業革命遺産」の一つとして世界文化遺産に登録された三角西港にて。西洋風のモダンで美しい建築物がひときわ目を引きます。1887年(明治20年)に完成したこの港は、石積みの埠頭と水路や、西洋風建築物など機能はもとよりその景観美は西洋の上品さを漂わせます。数々のドラマや映画のロケ地としても登場し、作品それぞれを後押ししていました。

お問い合わせ先 宇城市まちづくり観光課
TEL 0964-32-1111
*
* *

天城橋 -てんじょうきょう-

新天草1号橋は「天城橋」と名付けられました。

5月20日に開通したばかりの天城橋を通って天草へ。名前の由来は天草と宇城を結ぶ橋ということで、『天城橋』に決まったとのことです。美しいアーチを描く姿はまさに天に浮かぶお城のようで美しい。これからの季節は、特に空の青と海の青に映えそう。天草復路では以前の天門橋(旧1号橋)とのツーショットを押さえてみました。もちろんナビゲートシートから。

お問い合わせ先 熊本県天草広域本部 総務振興課
TEL 0969-22-4213
*
* *

天草海鮮蔵

この時季最後のムラサキウニを堪能!7月から赤ウニです!

うかがったタイミングが丁度、ムラサキウニの最後の時季。ウニ嫌いもウニ好きになるほどの美味しさで、幻とまでいわれる貴重なウニをいただきました!香りも優しく、ほのかに甘くて上品な味わいでした。惜しくも逃した方、安心してください。7月からは赤ウニが解禁に。こちらは逃さないでくださいね!ここ、天草海鮮蔵では、ほかにアワビの踊り焼きやよくばり海鮮丼なども楽しめます。

住所 天草市五和町鬼池4733−1
TEL 0969-52-7707
ホームページはこちら
*
* *

たい焼きカフェ まるきん

天草、銀天街に復活したたい焼き屋さん

地元のみなさんの思い出の味として親しまれていた たい焼きの「まるきん」が昨年末に復活しました。その噂を聞きつけ寄ってみることに。まぁるく、ちょっと小振りなたい焼きは、鯛が弧を描いていて、見た目もかわいい!皮も薄目で歯切れが良い!あんこもトロっとしていながら上品な甘さ。あんこの他にカスタードもあります。そして、くまモン型焼きも!(1個150円)

住所 天草市中央新町11-10
TEL 0969-22-2727
営業時間 10:00~18:00
休み 水曜日
ホームページはこちら
*