かせするもん » 今月のかせするもん

 バックナンバー

今だからこそ、見てほしい。
熊本城の今。2019

加藤清正公が約400年前に7年の歳月をかけ築いた熊本城は、
西南戦争の際に天守と多くの櫓群は焼失したものの、
難攻不落の堅牢な造りを天下に知らしめました。
しかし、平成28年熊本地震により、
石垣は全体の約1割が崩落、約3割が修復する必要があると考えられるほど、
大きな被害を受けました。

あれから3年、
大天守の囲いもとれ、2019年秋の熊本城特別公開第一弾に向け、着々と再建が進んでいます。
2019年4月現在は、黒と白のコントラスト鮮やかな姿を見ることができます。

今だからこそ見ることのできる歴史の1ページ。
ぜひ、その目で確かめてください。

熊本市役所から見える、熊本城のこの2年の復旧の様子

View from Kumamoto City Hall, restoration of Kumamoto Castle

写真提供:熊本市広報

  • *

    H29.4.5

  • *

    H29.4.28

  • *

    H29.5.22

  • *

    H29.6.14

  • *

    H29.7.27

  • *

    H29.8.29

  • *

    H29.10.31

  • *

    H29.11.21

  • *

    H29.12.14

*
*
*
*
*
*
*
*
*

H30.4.9

大天守の最上部を覆っていた屋根が撤去され、しゃちほこ1体が設置されました。

*
  • *

    H30.5.10

  • *

    H30.5.24①

  • *

    H30.5.24②

  • *

    H30.6.13

  • *

    H30.7.26

  • *

    H30.8.24

  • *

    H30.9.27

  • *

    H30.10.25

  • *

    H30.11.15

  • *

    H30.12.12.

  • *

    H30.12.21

  • *

    H31.1.25①

  • *

    H31.1.25②

  • *

    H31.3.5

  • *

    H31.3.28

  • *

    H31.4.3

  • 天守閣の外観もきれいに再建され、天気のいい日には黒と白のコントラストが映えて、より一層勇壮な姿を見ることができます。熊本市役所14階から、熊本城を一望できます。

熊本城見学おすすめスポット

Explore Kumamoto Castle Recommended spots

*

*

二の丸広場

天守閣(大天守・小天守)と宇土櫓が一望できるスポットで、復旧の様子を見学することができます。広場では、熊本城復興を願って様々なイベントが行われています。

*

石垣置き場

崩落した石垣がずらりと並びます。石垣はただ積み上げるのではなく、1つひとつに番号を振り、昔の写真や資料等を見ながら元の姿に復元していきます。

*

二の丸御門跡

石垣が崩落し、2年半近く通れなかった二の丸御門跡に立ち入れるようになっています。熊本市立博物館側から二の丸広場までをつなぐルートです。通路両側には安全対策のために、ぐり石(石垣の裏側に詰められた小さい石)を詰めたものが設置されています。

*

戌亥櫓

2003年に再建された櫓で、木造2重3階の隅櫓です。石垣が崩れ、角石でかろうじて支えられている姿を間近に見学できます。石垣の下から見上げるとよりその迫力を体感できます。

*

宇土櫓

熊本城内に残る唯一の多層櫓で、築城当時の姿を保っている国指定の重要文化財です。熊本地震では続き櫓の部分が倒壊する被害がでました。現在続櫓部分は回収され、少しずつ復旧に向けて進んでいます。

*

加藤神社からの熊本城

熊本城内に鎮座する加藤神社は加藤清正公をお祀りする神社です。熊本城天守がよく見えるスポットでもあり、復旧中の熊本城を間近に見学することができます。

*

石垣置き場

棒庵坂を上がる手前にも、回収された石垣が並んでいます。

*

平櫓

天守の北東を守るための1階建ての櫓です。地震によって土台石垣が大きく膨らみ、地盤沈下などによって建物も損傷しました。現在は、鉄骨の構台が組まれていて、復旧工事に向けた準備が進められています。

*

東十八間櫓・北十八間櫓

熊本地震前は、加藤清正築城した当時の姿を残し、国の重要文化財に指定されていました。倒壊した櫓の部材や石材は回収され、遺構に影響を与えないよう養生した上にモルタルを吹き付け、崩れ落ちている栗石等を移動するなどして、応急工事がなされています。以前よりかなり近くから石垣の様子を見学できるようになっています。

*

長塀

坪井川に面して、直線で242mの長さをもつ長塀。地震に一部の長塀が倒壊しました。現在は、土台の石垣にそって仮設の足場が組まれ、落下物防止用のネットも被され、本格的な復旧作業がはじまりました。

くまもとよかとこ案内人さん紹介

熊本城の復旧の過程をもっと詳しく知りたい方には、「くまもとよかとこ案内人の会」がおすすめです。無料で、熊本城内を案内してくれます。

*
住所 熊本県熊本市中央区二の丸1-1-1(桜の馬場 城彩苑 総合観光事務所)
電話番号 096-356-2333 ※対応時間9~17時(土・日曜、祝日は~16時)
受付時間 9~15時
料金 無料(予約不可)
HP https://www.k-yokatoko.com/
備考 ※時間指定でガイド希望の場合は、現地までの交通費2000円が必要。60分、90分、120分のコースがあり、3日前までに公式ホームページよりお申込ください。
※よかとこ案内人の写真画像1点手配中です。
第1弾

熊本城特別公開

公開日:

2019年10月5日(土)~ ※日曜・祝日限定

公開時間:

9:00~17:00

入園料( )内は30人以上の団体料金:

高校生以上 500円(400円)、小中学生200円(160円)、未就学児 無料
※ラグビーワールドカップ(10/5~12)及び女子ハンドボール世界選手権(11/30~12/14)開催期間中は、土曜日も公開予定。
※10/5~14は「熊本城台天守外観復旧記念週間」として、平日も公開(13:00~17:00)予定(平左衛門丸まで)
*
第2弾

特別見学通路開通 2020年春予定!
○平日も観覧できるようになります。
○二様の石垣、東竹の丸の重要文化財櫓郡、再建・復元建造物などの被災直後の状態や普及工事の状況をご覧いただけます。
*
第3弾

天守閣内部公開 2021年春予定!
○天守閣全体の復旧が完了し、天守閣内部まで入れる予定です。
*

最新の情報は、熊本城公式ホームページでご確認ください。

こちらをクリック