かせするもん » 今月のかせするもん

 バックナンバー

復興特集第2弾 その1

国内有数のモデルやアーティストが集結!熊本の魅力を発信

TGC KUMAMOTO 2019

by TOKYO GIRLS COLLECTION
REPORT

史上最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクション」(以下、TGC)が熊本県益城町のグランメッセ熊本で4月20日(土)、「TGC KUMAMOTO 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION」(以下、TGC 熊本 2019)として、初開催されました。

国内外が注目するファションの祭典ですが、熊本地震からの復興につなげるイベントでもあります。

今回は、未来の熊本、日本を担う学生さんに取材してもらい、その模様をお届けします。

熊本地震から丸3年が経ち、4年目のこれから、復興はどんなカタチで未来につながっていくのでしょうか?

そもそも、どうして東京ガールズコレクションが熊本で?

TGCは「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに、2005年から開催されています。最新のリアルクローズ(現実に日常で着られる、手に届く服)に身を包んだ人気モデルさんたちがランウェイを颯爽と歩くファッションショーをはじめ、豪華なアーティストのライブ、旬なゲストによるスペシャルステージ、話題のアイテムがタッチアンドトライできるブース、そしてショーでモデルさんが着た服をモバイル(スマホ携帯など)からリアルタイムで購入(e-コマース)できるなど、国内外から注目される、そして世のガールズが憧れるイベントです!

首都圏を中心に日本全国で年に数回開催されています。ただ楽しいだけのイベントではなくて、開催地には全国から多くの観客が訪れることで、経済効果が見込まれます。ファッションをはじめ、音楽、トレンド、ビジネスに興味がある人たちが集まって目的もそれぞれです。
これまでも「TGC地方創生プロジェクト」として北九州、富山、静岡など東京以外の都市でも開催されてきました。
そんなビッグイベントがこの熊本で開催されるのはすごいことなんです!

「TGC 熊本 2019」のテーマは「BLOOM in BLOOM」。熊本地震からの復旧・復興と若者・女性の活躍・交流人口の拡大を目指し、「熊本の若者や女性のパワーがシンクロして百花繚乱に輝く」という想いが込められているそうです。熊本開催が発表されてから県内でも一緒に盛り上げていく動きがあって、熊本の学生や企業も加わり一緒に準備を進め、企画やブースには地元でよく聞く名前もたくさんありました。

復興に向かって「来年も熊本で開催を」!

会場となったグランメッセ熊本は早朝から「TGC 熊本 2019」を観に来た多くのお客さんで盛り上がっていました!会場はものすごい熱気に包まれていました。

常に見どころ満載でしたが、特に印象に残ったのは「復興に対する想い」。企画やトークの中で、熊本地震に触れられることも多く、まだまだ復興は終わっていない現実に向き合い、これからも頑張っていこうとしている強い意志を感じました。

熊本市民モデルのショーの途中には大西一史熊本市長が登場し、「来年もTGCを熊本で開催しましょう!」と意気込みを見せ、会場がドッと沸きました!来年も開催が実現したら、盛り上がること間違いなしですね!

学生や企業とコラボ!平成を振り返るファッションショーなどユニークなものも!

メインイベントのファッションショーは3部構成になっていて、それぞれ楽しめました。ショーの合間には豪華なアーティストのライブや、地元企業とコラボしたステージなどもあり、ずっとワクワクドキドキしっぱなしでした!

中でも面白かったステージは、熊本の学生と熊本の老舗・鶴屋百貨店のコラボで実現した「Tsuruya presents HEISEI COLLECTION STAGE」です。平成から令和へ元号が移り変わるこのタイミングで平成のファッションを一気に振り返りいろんな衣装を着たモデルさんが次々に登場しました。

衣装は当時のままではなく、今風にアレンジして作ったそう!懐かしさと新しさを兼ね備えた服を身にまとったモデルさんたちが、ランウェイを歩きました。
見ているだけで、ファッションを通して、時代の流れを感じました。平成の時代に目まぐるしく変わってきたトレンドを一瞬で体験でき、とても新鮮でした!

この衣装はヒロ・デザイン専門学校の学生が製作し、モニターに映し出されたロゴマークは、崇城大学の学生がデザインしたもの。ただ開催地になっただけではなく、熊本県民が一緒に作り上げたイベントなのだと実感できました。このような大舞台で自分たちが手がけた作品が披露される達成感は羨ましくて、熊本の学生として誇らしかったです。

他にも、応募多数の中から選ばれたキッズモデルが、今をときめくトップモデルたちとともにランウェイに登場。笑顔で元気いっぱいに手を振ってウォーキングする姿は、無邪気な子供ならではの魅力でとても可愛らしかったです。

漫画「ONE PIECE」のキャラクターに扮したモデルも登場!

中盤では、熊本出身の漫画家、尾田栄一郎さんの大人気漫画「ONE PIECE」のキャラクターに扮し人気モデルやくまモンが登場!衣装は、この日のために尾田さんが描き下ろしたイラストを元に再現したオリジナルのもので迫力がスゴかったです。

ナミ役の新川優愛さん、ニコ・ロビン役の池田美優さん、ハンコック役の土屋アンナさんらが、ランウェイを歩く姿がとてもかっこよかったです。特に土屋さんは各方向にハンコックお決まりの「見下しすぎ」のポーズを披露し、そのたびに会場からは歓声が起こっていました!

土屋さんは旦那さんが熊本出身とゆかりのある方で、「熊本に来るたびに感じることは、震災直後は県外からたくさん応援されても、時が経つにつれて忘れ去られちゃいます。それってすごく悲しいことです。でもこうして、TGCで熊本のために頑張ろうって一生懸命やれば、たくさんの人が動くんです。私にできることは少ないかもしれないけど、できることは協力したい。がんばりましょー!」と思いの丈を口にし、会場を盛り上げてくれました。

「黒糖ドーナツ棒」の新商品が振る舞われるシーンも。

ステージ以外にも、会場にはタッチアンドトライできるブースがたくさんありました。 グランメッセ熊本の屋内に全国展開のメーカーや地元熊本に関連する特設ブースが出展していました。
屋内ブースでは、黒糖ドーナツ棒で有名なフジバンビのブースもありました!
「TGC 熊本 2019」に合わせて、「黒糖ドーナツ棒-レーズンミックス-」味を新発売し、買い求めるお客さんでたくさん。
TGC 熊本 2019の限定パッケージがとにかく可愛かったです!

ステージでも限定パッケージがお披露目され、ランウェイを歩くモデルさんたちから観客に向けて新商品の黒糖ドーナツ棒が配られていました!

熊本の高校生がスゴすぎる!

フジバンビのステージでは、同時に九州学院のチアダンス部も出演。とってもキュートなチアで盛り上がりました。
こんな風にステージには地元高校生も多数参加していました。
シークレットゲストのコロッケさんのステージでは、全国屈指の実力を誇る鎮西高校ダンス部が出演。キレッキレのダンスがめちゃくちゃカッコ良かったです!

屋内ブースには、今年熊本県で開催される「2019女子ハンドボール世界選手権大会」の宣伝特設ブースが設けられていました。くまモンもブース内に登場し、大きな動きでブースを訪れたお客さんたちを笑わせていました。くまモンと一緒に写真が撮れるので、インスタ映えが狙えて、若い女性や子どもを中心に大人気でした。
ショー中では、今回モデルとして登場した甲斐翔真さんも出演する本大会タイアップ映画「#ハンド全力」も紹介されました。いまから公開が楽しみです。

「TGC 熊本 2019 」を通して地域の盛り上がりを!

TGCは、ガールズファッションの祭典のイメージがとても強かったです。今回「TGC 熊本 2019」を取材してみて、地方創生や地域振興の一面も持ち合わせていることを知ることができてとてもいい経験になりました。

途中で司会者から観客へ「どこの県から来たか」と尋ねる場面もあったんです。その際、県外から訪れた大勢の方々が手を挙げ、TCGの集客力に驚きました。会場にもプログラムにも熊本の魅力がたくさん詰まっていたので、その方々に熊本を好きになってもらえたと思います!

熊本に住んでいる僕も、トップモデルの皆さんのキラキラした雰囲気を間近で感じることができましたし、会場や観客の熱気を肌で感じることができ、ワクワクが止まりませんでした。

ファッションを通じて、さまざまな人たちがつながっていくのを感じ、ファッションの力って偉大だなと思いました!

ファッションから生まれたこの熱気や、一体感が熊本のさらなる復興と発展につながり、今後も盛り上がっていくと嬉しいです!